06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ほとんどお金を払わずに大学院に行く方法 

お金ほしい!

大学院までいくと必ずと言っていいほどお金で苦労する。
例えばみんな大好き学生支援機構の借金を、学部と大学院で借りるとする。最低でも200-300万円はするし、フルで借りると700万円にもなりうる。

実際、友だちの1人に学部、留学、大学院で全て借りてた人がいるのだけど、相当マズい額になっていた(コンサル行くから2年で返せちゃうんだろうけど)

しかし! ある友だちは親の援助ほぼゼロで修士博士と進んでいた。僕は学部時に学生支援機構から結構な借金してたので、めっちゃ羨まC

どういう事かと言うと、まず月10万円くらいの給付型奨学金に採用される。 (は? ハードル高すぎやろ!とか言わないで!下記のとおり意外にあるから) そうすると年収が103万円を超えるので、扶養から外れ独立家計となる。その上で大学の授業料免除を申請する。ほぼ確実に半額か全額免除になる。

この場合なら、節約生活すれば国立大の学生なら普通に暮らせる
(もちろん月6万の奨学金を貰って、月4万バイトするのも選択肢)

じゃあどんな奨学金があるかというと!
大学院までいくと給付型の奨学金制度も結構ある。
例えば「リーディング大学院」という制度では給付で月15-20万円貰える。もちろん使途自由で、複数の制度があるから一つ落ちてもまた別のに応募出来うる。

これは結構受かりやすいので学生支援機構地獄から抜けたい人は是非応募を。

博士進学を考えてるなら学振の特別研究員は必須。
研究者養成のための制度で準備が大変だけど、
月20万円貰える上に年50-100万円くらいの研究資金も貰える。

あと、詳しくないけど民間財団などの奨学金について。
本庄奨学金などリッチな奨学金が意外にあるので片っ端から応募する価値はある。赤色の銀行の奨学金とか経団連の制度の人とちらほら会うので、一定数はいるんだろう。

あともはや記事の主旨と全く関係ないけど、留学したい人が絶対応募すべきなのは「トビタテ!留学Japan」という、文科省が作った留学用の給付型奨学金。しかも海外インターンでもOK。年に何度か募集のあるリッチかつ使い勝手の良い制度なので、応募するしかない。噂によると競争率はそこまで高くないとのこと。学部時にあったら自分も使ってた...。

結論を言えば、根本的な解決策はもはや世界同時一斉革命しかない、農民よ武器をとれ!
関連記事

Posted on 2017/05/01 Mon. 03:40 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

01

平日の昼間に男2人でお花きれいして来た 

久しぶりに会った学部の友だちが苦労してた。
営業は非常に辛いという話。あと数ヶ月で転職すると。

ボーナスで謎呪文の施された刀買ってたしな。だいぶマズい事になってる。
友だちがその模造刀もってきたんだけど、風貌的にも銃刀法的にも大丈夫だったのだろうか...?

色々思い出話をしつつ、枕を上司の顔に見立てて模造刀ドーンみたいな。ひゃあ楽しい!

そしてよく晴れた翌日の昼、男2人でお花見しました(絶望感)。しかも平日。

見よ、この園児感あふれる風景を

IMG_0228.jpg

IMG_0207.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_0202.jpg

菜の花、カモ、小川という、非常に園児味の効いた風景を男2人で見る背徳感。
風貌的にもだいぶキツい20代半ばの2人が「おはなきれえ!」的な。「カモさんかわいい!」的な。

殺伐とした世界観から抜け出したような感じでした。
久しぶりに友だちに会えるのは何より楽しいです。
関連記事

Posted on 2017/04/27 Thu. 16:01 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

27

自分の研究が出版されるかも? 

紙の本を読むと無性にトイレ行きたくなります。


久しぶりの投稿なのですがちょっとニュースです。

昔やった研究の一部が、もしかしたら本の一章として載るかもとのことです。

まだ書籍名すら教えてもらってないのですが、聞いてる感じ可能性はかなりありそうなのです。

まだ喜ぶには早いけど、素直に嬉しい!と同時に先生マジでありがとうございます! 体調崩して音信不通になっても見捨てずにチャンスくれてありがとうございます! !

大学院に入ってから、頭の悪さと出来の悪さでぼっこぼこに叩かれ続けて数年。何の成果も得られませんでしたあぁぁぁ!という状況でしたが。。

今回の事は過分なことで素直な嬉しい。マンガの「重版出来!」が好きすぎて、新人がデビューするシーンで泣くぐらいなのですが、自分にもちょっと重ねて興奮しました。

果たして本当に載るのか謎ですが、もしも出版されたら毎晩枕の下に入れて寝ようと思います(最近綿が抜けて硬い)。 なによりお世話になった人たちにお礼しに行きたい久しぶりに。

とりいそぎ近況報告でした。
関連記事

Posted on 2017/04/19 Wed. 02:59 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

19

立法過程における諮問委員会 

近頃は優柔不断で誰かに相談しないと決められません。


最近たびたび思うのですが、立法過程における「有識者・諮問会議」はかなりポテンシャルがある気がします。ここでいう有識者会議とは、法令に基づく委員会ではなく、首相がその決裁でやや私的に組織し、立法活動の一助とするものです。

例1: 天皇の生前退位と「天皇の公務の負担軽減に関する有識者会議

天皇の生前退位が議論されていますが、立法して新制度を作るにしても、天皇陛下の意向を直接受けて政治活動をすることはマズいです(憲法4条)。それを回避するために、政府は「静かな環境で国民的な議論」を行う建前が必要です。それで生まれたのが「天皇の公務の負担軽減に関する有識者会議」です。

立法するなら最後は国会を通すわけですが、その前に「静かな環境」と「国民的議論」をしないといけない。それらを満たすために民間有識者が議論を整理すると。ただし、これはあくまで首相のチョイスでヒアリング有識者を選ぶわけですから、政治的に操作できます。

(安保法制みたく)国会で右派左派が紛糾する事態を避けるため、静かに国民的な議論をしなければならない。
そこで有識者会議の取りまとめた議論は、「国民的議論」として非常な影響力を持つことになるわけです。
法令に基づかない首相の有識者会議が立法過程に影響力を持つ、面白い事例になるのではと思います。
※ただし人選に批判殺到で既に失敗の兆しが見えていますが。。退位、議論の透明性焦点 「静かな環境」両立難しく

例2: 国家安全保障局の創設に関する有識者会議

国家安全保障会議を創設する法律を2013年に作ったわけですが、その過程にも有識者会議が作られました。
ここで面白いのが、有識者会議の議論がさほどの情報公開もなくスピーディに取りまとめられ、国民的な議論はおろかパブリックコメントすら行われませんでした。3ヶ月間の有識者会議を終えて、4ヶ月で関係官僚がスピーディに法案を作成し、2ヶ月間の臨時会でスピーディに通過しました。省庁をまたぐ新組織結成で、かつ揉めやすい安保関係の法律にしては極めて効率が良いといえます。

安全保障に関わる事なので、透明性高く時間をかけた国民的な議論にはなじまないとも言えますが、むしろ注目したいのはその効率性の高さ。有識者会議で情報公開を最小限に抑えるのは、立法過程での「秘密主義の効率性」を証明するものでした。こんなに効率よく済ませることができるなら、首相にとっては有識者会議は今後も魅惑的な存在になるでしょう。

有識者会議はいろんな使い方ができて、可能性を感じます。けれど、どうやったら国民に開かれた立法過程を担保するのか、アカウンタビリティを確保するにはどうすればいいか、議論がありそうです。
有識者会議おもしろくないですか?
関連記事

Posted on 2017/02/02 Thu. 17:44 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

02

いきなりアメリカインターン。サンフランシスコなう 

「いきなりステーキ」って店に入った瞬間にいきなりステーキが落ちてくるのかな....?

いきなりですが今、アメリカはサンフランシスコにいます。
6週間の研究インターンに参加しているからでして、世界で最も先進的とされる環境団体でリサーチに励む事になります。

日付変更線の向こう側にダイブし、今はアメリカの住居で落ち着いてます。










異国について少々気が立っておりますがこんな感じです。
日本はもう夜ですが、こちらは午前5時。これからインターン初日となります。




なんか色々がんばる!
関連記事

Posted on 2017/01/30 Mon. 22:23 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

30