08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

はじめてバイトした時の想い出 

はじめてバイトしたのは高校時代のことでした。

当時、全日制高校を半ば退学する形で単位制の高校に転入させて貰い、月1,2回だけ通学する実質ニートな日々でした。

傷を癒すというか、久々に一安心できる平穏な日々がやってきて、むくむくと精神エネルギーが戻ってきた時期でした。 それでも進路が見つからないまま。 暑い夏休みになって、焦りと親からの圧力が沸点に達しておりました。

そんなわけで人生初のバイトに応募して、サイゼの面接に落ちた後、地元のクリーニング工場で無言のままバイト採用されたのでした。

工場では、まず運ばれてくるクロースを仕分けた後、大きなゴミを叩いて捨てるグループにいました。 黙々と生ゴミやらなんやらを捨てて選抜するのですが、夏場ともなると凄い臭いで大変でした。

そのバイトの先輩に古典文学好きの変わったおじさんがいて、何故か仲良くしてもらい色々と本の話を聞かせてもらいました。

大学の専攻がフランス文学で、なんとフランス語の原文で詩を読める人でした。 クリーニングのバイトで中高卒に囲まれながら、好きな文学だけをひたすら読みまくるシンプルな生活をしていたわけです。 結婚も正社員も関係なく、高い知能と感性でひたすら内面世界の豊かさを広げるおじさんは、当時の私には衝撃的でした。

とはいえ今も高校生の時も、フランス文学なんて全く分からないのですが、当時唯一知っていたのがジャン・コクトーの詩でした。以下、

私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ

するとフランス文学の素晴らしさを伝えんとおじさんが欣喜雀躍し、フランス語わからんって言ってるのに私に発音を何度も教えてくれたのでした。

もれいゆ えたん こきあーじゅ
くぃ えむる ぶりゅい どら めーる

10年近く経っているので曖昧ですが、この呪文が耳に焼き付いているのです。 真夏の昼下がりにおじさんとこの呪文を唱えていると、自分の耳が貝殻になってどこか遠くの暖かい海に繋がっていく気がする。 ちいさい頃に海辺で拾った貝殻を耳にあて、波の音が聞こえてた頃に戻っていくような。 そんな懐かしい海辺の世界に戻る方法を、おじさんは教えてくれたのでした。

ちなみにバイトはめんどくさくなってすぐ辞めました。 大学の語学選択の時は完全にこの記憶を忘れており、がっつり中国語をやっておりました...




関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 07:51 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 4

18

同性愛者の「結婚」に関する議論を聞いて... 

LGBTの権利について最近よく話題にあがってますね

例えば、同性愛者同士の「結婚」「破局」についてニュースで聞きます
いよいよ日本でも議論盛り上がってきたのかなぁと

私、同性婚は認められていく以外に無いと思うのです。
というか、同性婚を本質的に否定できるまともな理由が存在しない。

たしかに憲法を作った時に同性婚を想定してなかったので(両性の合意)、現行法では認められ無いのですが、じゃあ想定すればいいじゃん、という話の気がします。 憲法の解釈を変えて民法を改正するにせよ、憲法を改正するにせよ。

なぜ個人の結婚を認めないのか、他人の幸福追求を妨げるような事をするのか、いかにも不条理な状態です。 個人の幸福追求を妨げる事を正当化するには、公共の福祉に適うかどうか次第です。じゃあ同性婚を認めると公共の福祉を損なうのか、そんな事は考えにくいわけです。

同性婚を認めると、日本古来の家族制度が崩壊する‼︎と叫ぶ人もいますが、同性愛者の数自体はそこまで多くないです。 同性婚認めて崩壊した国が一つでもあるのかと。 だいたい日本古来の家族制度など既に存在しないので、未だに幻想の共同体の中に住んでるんだなぁと思うだけ。 それを他人に押し付けて、人権を奪うのはちょっとやり過ぎなんじゃないの。

あと、同性愛を気持ち悪いと思うからとか理由にならない。 勝手な感情で個人の権利を制限するとしたら、それは正しい意味での差別(区別じゃないよ)になっちゃう。 あと、同性愛は何に興奮するかの「性癖」ではなくて、誰を恋愛対象にするかの「性的指向」の問題です。 ネット上で感情と誤解に満ちた反対論をみると、うーん◯◯だなぁって思う。

もう結局のところ、同性婚を否定できるまともな理由が存在しないのです。
あとは、社会制度を出来るだけ副作用の無い形で変えていく、それだけです。

社会変化には「方向性」とその「速度」の2つの点が重要です。
日本で同性婚を認めていくという「方向性」はもう決まっているように見える。
あとは、世論を盛り上げつつ政策提言をするなどの、社会変化の「速度」がどうなるか。

私は同性愛者じゃないのですが、人間誰しも自分なりの幸せを追いかける事が出来て欲しい。 同性婚を認めず幸福追求を妨げてる状態はおかしい。 しかもまともな反対理由がないので、それなら黙ってるかせめて邪魔しなきゃいいのにと思うのです。
関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 03:13 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

18

単位制高校卒業が就職の障害になった話 

アクセス解析すると誰が見てるのかだいたい分かるぞ


友だちと昔相談しあったの思い出した。
単位制、通信制の高校出ると大学卒業後に就職で不利になるか、について。

ネット情報を見るとだいたい以下のように書いてある。
20170506234141f12.png

みんな言わないからはっきり言うけど、結構不利になるからな!
高校の経歴とか見ないっていうけど、めっちゃ見られるからな!
気をつけてな!

単位制の高校卒業して、実際に就活して内定もらった経験から、単位制卒業後の就活あるある言うよ。

まず、ベンチャー系や外資系、実力重視の企業、離職率高い企業は高校の経歴はあんまり関係ない。 たぶん高認でもほぼ差別なくチャンスが開かれているはず(例外はあるだろうけど)。IT系とかコンサルとかね。

他方、伝統的な企業(歴史のある有名企業とか)はしっかりチェックしてくるぞ。めんどくさいのが書類選考とか1次2次試験は割と通過するということ。たぶん、この時点では高校まで詳しく見てないんだと思う。ここで経歴的には大丈夫なんだなと勘違いするとやばい。

問題は、最終面接とか役員面接なんだよ。 人事部が最終候補の精査をかける時に、改めて高校の偏差値を確認するかもしれないし。役員が履歴書見てひっかかるかもしれない。

役員面接って要はおじいさんとの雑談だけど、奴らはなぜか名門高校ネタがめっちゃ大好き。 出身地どこなのー?みたいな質問と同じノリで高校聞いてくる。 例えば「奈良出身です」って言うと、「あー東大寺学園ね! 知り合いに東大寺出身の人いるよ!」ていう流れな。

もちろんこの時に雑談風に切り抜ける事が出来れば良いんだけど、単位制通信制だと相手がしつこく聞いてくる時がある。 自分の場合、こうなったらだいたいの場合は落ちてた。 あの世代は通信制とかの差別意識が凄く強いから、ひっかかったら相当厳しい状況になるぞ。

通信制高校から苦労しながら大学行って根性あるやん! ってなるパターンは期待しない方がいい。 根性があるかは追加点に過ぎず、まず前提としてレールから外れてないか、家庭環境めんどくさくないか、ミスや問題起こさないかが重要。 単位制高校って時点でこの前提が怪しまれる、これが現実。

最終面接で落ちた企業で高校の事聞かれるパターン多かった一方、内定もらった企業は全部、高校の事は一度も聞かれなかった。一般化して話すつもりはないし、例外かもしれないけど、現実にこんな事があったんだ。 理不尽だと思うけど俺はもう諦めた、そうでない企業も沢山ある事も分かった。

単位制通信制から頑張って大学行ってるみんな、障壁は現実として存在してる。 くれぐれもそういう敵には油断せず、仮に運が悪かったとしても自分みたいに不必要に落ち込まず、目標を掴み取って欲しい。
関連記事

Posted on 2017/05/07 Sun. 00:28 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

07

ほとんどお金を払わずに大学院に行く方法 

お金ほしい!

大学院までいくと必ずと言っていいほどお金で苦労する。
例えばみんな大好き学生支援機構の借金を、学部と大学院で借りるとする。最低でも200-300万円はするし、フルで借りると700万円にもなりうる。

実際、友だちの1人に学部、留学、大学院で全て借りてた人がいるのだけど、相当マズい額になっていた(コンサル行くから2年で返せちゃうんだろうけど)

しかし! ある友だちは親の援助ほぼゼロで修士博士と進んでいた。僕は学部時に学生支援機構から結構な借金してたので、めっちゃ羨まC

どういう事かと言うと、まず月10万円くらいの給付型奨学金に採用される。 (は? ハードル高すぎやろ!とか言わないで!下記のとおり意外にあるから) そうすると年収が103万円を超えるので、扶養から外れ独立家計となる。その上で大学の授業料免除を申請する。ほぼ確実に半額か全額免除になる。

この場合なら、節約生活すれば国立大の学生なら普通に暮らせる
(もちろん月6万の奨学金を貰って、月4万バイトするのも選択肢)

じゃあどんな奨学金があるかというと!
大学院までいくと給付型の奨学金制度も結構ある。
例えば「リーディング大学院」という制度では給付で月15-20万円貰える。もちろん使途自由で、複数の制度があるから一つ落ちてもまた別のに応募出来うる。

これは結構受かりやすいので学生支援機構地獄から抜けたい人は是非応募を。

博士進学を考えてるなら学振の特別研究員は必須。
研究者養成のための制度で準備が大変だけど、
月20万円貰える上に年50-100万円くらいの研究資金も貰える。

あと、詳しくないけど民間財団などの奨学金について。
本庄奨学金などリッチな奨学金が意外にあるので片っ端から応募する価値はある。赤色の銀行の奨学金とか経団連の制度の人とちらほら会うので、一定数はいるんだろう。

あともはや記事の主旨と全く関係ないけど、留学したい人が絶対応募すべきなのは「トビタテ!留学Japan」という、文科省が作った留学用の給付型奨学金。しかも海外インターンでもOK。年に何度か募集のあるリッチかつ使い勝手の良い制度なので、応募するしかない。噂によると競争率はそこまで高くないとのこと。学部時にあったら自分も使ってた...。

結論を言えば、根本的な解決策はもはや世界同時一斉革命しかない、農民よ武器をとれ!
関連記事

Posted on 2017/05/01 Mon. 03:40 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

01

平日の昼間に男2人でお花きれいして来た 

久しぶりに会った学部の友だちが苦労してた。
営業は非常に辛いという話。あと数ヶ月で転職すると。

ボーナスで謎呪文の施された刀買ってたしな。だいぶマズい事になってる。
友だちがその模造刀もってきたんだけど、風貌的にも銃刀法的にも大丈夫だったのだろうか...?

色々思い出話をしつつ、枕を上司の顔に見立てて模造刀ドーンみたいな。ひゃあ楽しい!

そしてよく晴れた翌日の昼、男2人でお花見しました(絶望感)。しかも平日。

見よ、この園児感あふれる風景を

IMG_0228.jpg

IMG_0207.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_0202.jpg

菜の花、カモ、小川という、非常に園児味の効いた風景を男2人で見る背徳感。
風貌的にもだいぶキツい20代半ばの2人が「おはなきれえ!」的な。「カモさんかわいい!」的な。

殺伐とした世界観から抜け出したような感じでした。
久しぶりに友だちに会えるのは何より楽しいです。
関連記事

Posted on 2017/04/27 Thu. 16:01 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

27