09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

”自分の分”を知る生き方なんてクソだ 

(昔書いた記事)2013年8月22日

「自分の分を知れ」「身の丈を知れ」という言葉がある。

自分の身の丈に合わない野心は、身を滅ぼすばかりか、周囲や社会に迷惑をかけるから慎めという意味だ。実現可能性の無い夢を追いかけてフリーターになったり、過剰なギャンブルや投資で身を崩す人を見れば、なかなかの説得力がある。



けれども「分を知る」という考え方を裏返せば、自分の置かれた社会属性によって自分の生き方を決めろ、とも解釈できる。貧乏人の子どもは「分を知って」貧乏でいろ。教育を受けられなかった人は、「分を知って」馬鹿のまま生きていけ。女性は自分の分をわきまえて生きていけ、などなど。

僕が「自分の分をわきまえる」なら、ずっと引きこもりのまま一生を終えるべきだったのだろうか。



社会が「自分の分」を決めてくれるのは大変親切な事だが、生き辛くて仕方ない社会だとも思う。”勝ち”を決め込んだ老人や富裕層に、あるいは支配者きどりで人を断罪する人達に、自分の可能性を決められて良いのか。

格差が広がり、社会階層が明確になりつつある現代は、ますます「分を知れ」という言説が広がるに違いない。超えようの無い格差が社会を覆い、個人が自分の可能性を諦めて殺す時代に、「分を知る」という言葉は真実になる。



でも、まだそんな時代でもない。日本社会が本当に時間切れになる今しかできない事がある。それは、格差と障害を乗り越え「自分の分を知る」ことなく、挑戦し続けること。

社会の決めた「自分の分」を乗り越えるのは並の苦労ではないけれど。それでも現実を直視して自分と対話し、真摯な努力を続けなければならない。

格差に絶望し「自分の分を知る」前に、自分の中の幸せや可能性の追求への欲求を確かめたい。皆が自分を諦める社会が来る前に、ささやかな抵抗をしよう。
関連記事

Posted on 2015/09/27 Sun. 01:03 [edit]

category: 価値観とRandom Thought

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://moguranikki.blog.fc2.com/tb.php/799-db53e9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list