10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

インターネットで受験勉強が楽勝になったのに成り上がりが出来辛い理由 

インターネットと最低限の資金があれば、誰でも難関大学にいけるようになったのに、そうなってない理由はなぜか。


僕が不登校になって社会的に転落した2000年代の半ば、梅田望夫さんの本がベストセラーになりました(詳しくは; 『ウェブ進化論』、『ウェブ時代をゆく』)。 その中に、棋士の羽生さんが語った言葉として、「学習の高速道路」というコンセプトがありました。

「ITとネットの進化によって将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。 でも高速道路を走りぬけた先では大渋滞が起きています。」


つまり、将棋の「定石」や「データベース」に誰でもアクセスできるようになり、それを勉強すれば最短距離を通って強くなれるようになった。 最近だと、AIとの対局を繰り返して強くなった中学生がプロ将棋の世界でぶっちぎりの強さを見せました。

各種資格試験も同じで、しっかり参考書をリサーチすると高速道路を見つけられます。 ちなみに僕も自分の大学院入試の勉強法をブログで書いて高速建設に貢献しようとしました(えらい)。 最短距離でこなすべき参考書は全部で3冊くらいで、2-3ヶ月の間に1日あたり3時間くらい勉強すれば受かる計算です。 ※その記事を書いたせいでリアルで特定され全部消すことに....

大学受験の世界も同じでして、僕が受験勉強をはじめた2009年頃には「受験計画の立て方」、「早稲田合格に必要な参考書リスト」及び「独学の仕方」がネットにあふれていました。 極端な言い方をすると学校に通わなくても、中学レベルの学力があれば独学で半年~1年で有名私立に合格できるようになりました。 

例えば、こういった素晴らしいサイト
arege.jpg

でも大概の場合はそうならないのです。 なぜかというと「モチベーション」が決定的に重要になるからです。 高速道路が出来ても、それを最高速で突っ走る燃料はなかなか確保できない。 普通の精神状態だと、受験勉強なんて1日あたり3時間くらいのもんだと思います。 逆転合格を狙って突っ走るには、例えば1日あたり最低5時間くらい必要になるのですが、結構精神的に負荷をかける必要があります。 

モチベーションを上げて、維持するのがめちゃくちゃ難しい。 だから結局のところ、学習貯金のある進学校の生徒なら通常速度でもゴールできる、ということだと思います。 経済的な要素も影響しまして、経済的に裕福な家庭ほど子どもに大学進学を動機付けますし、そもそも大学進学を認めない家庭で受験勉強する気は出ない。 「努力」できるということは、実はもの凄くラッキーで恵まれてる事なんだと思います

僕の場合、幸運にも大学進学への動機付けがしっかりあったし、電話とネットで受験指導してくれる塾に入っていました。 受験指導といっても勉強は教えてくれず、もっぱらモチベーションを上げ・維持する役割という変な塾でした。

ITテクノロジーで「学習の高速道路」はできたけれど、人間のモチベーション問題は解決できていません。 AI技術で更に効率良く学習が出来るようになるはずですが、モチベーションをどう管理するかがますます重要になるはずです。
関連記事

Posted on 2017/09/24 Sun. 04:48 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://moguranikki.blog.fc2.com/tb.php/1076-ab51a147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。