08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

同性愛者の「結婚」に関する議論を聞いて... 

LGBTの権利について最近よく話題にあがってますね

例えば、同性愛者同士の「結婚」「破局」についてニュースで聞きます
いよいよ日本でも議論盛り上がってきたのかなぁと

私、同性婚は認められていく以外に無いと思うのです。
というか、同性婚を本質的に否定できるまともな理由が存在しない。

たしかに憲法を作った時に同性婚を想定してなかったので(両性の合意)、現行法では認められ無いのですが、じゃあ想定すればいいじゃん、という話の気がします。 憲法の解釈を変えて民法を改正するにせよ、憲法を改正するにせよ。

なぜ個人の結婚を認めないのか、他人の幸福追求を妨げるような事をするのか、いかにも不条理な状態です。 個人の幸福追求を妨げる事を正当化するには、公共の福祉に適うかどうか次第です。じゃあ同性婚を認めると公共の福祉を損なうのか、そんな事は考えにくいわけです。

同性婚を認めると、日本古来の家族制度が崩壊する‼︎と叫ぶ人もいますが、同性愛者の数自体はそこまで多くないです。 同性婚認めて崩壊した国が一つでもあるのかと。 だいたい日本古来の家族制度など既に存在しないので、未だに幻想の共同体の中に住んでるんだなぁと思うだけ。 それを他人に押し付けて、人権を奪うのはちょっとやり過ぎなんじゃないの。

あと、同性愛を気持ち悪いと思うからとか理由にならない。 勝手な感情で個人の権利を制限するとしたら、それは正しい意味での差別(区別じゃないよ)になっちゃう。 あと、同性愛は何に興奮するかの「性癖」ではなくて、誰を恋愛対象にするかの「性的指向」の問題です。 ネット上で感情と誤解に満ちた反対論をみると、うーん◯◯だなぁって思う。

もう結局のところ、同性婚を否定できるまともな理由が存在しないのです。
あとは、社会制度を出来るだけ副作用の無い形で変えていく、それだけです。

社会変化には「方向性」とその「速度」の2つの点が重要です。
日本で同性婚を認めていくという「方向性」はもう決まっているように見える。
あとは、世論を盛り上げつつ政策提言をするなどの、社会変化の「速度」がどうなるか。

私は同性愛者じゃないのですが、人間誰しも自分なりの幸せを追いかける事が出来て欲しい。 同性婚を認めず幸福追求を妨げてる状態はおかしい。 しかもまともな反対理由がないので、それなら黙ってるかせめて邪魔しなきゃいいのにと思うのです。
関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 03:13 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://moguranikki.blog.fc2.com/tb.php/1066-a5038d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list