10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ほとんどお金を払わずに大学院に行く方法 

お金ほしい!

大学院までいくと必ずと言っていいほどお金で苦労する。
例えばみんな大好き学生支援機構の借金を、学部と大学院で借りるとする。最低でも200-300万円はするし、フルで借りると700万円にもなりうる。

実際、友だちの1人に学部、留学、大学院で全て借りてた人がいるのだけど、相当マズい額になっていた(コンサル行くから2年で返せちゃうんだろうけど)

しかし! ある友だちは親の援助ほぼゼロで修士博士と進んでいた。僕は学部時に学生支援機構から結構な借金してたので、めっちゃ羨まC

どういう事かと言うと、まず月10万円くらいの給付型奨学金に採用される。 (は? ハードル高すぎやろ!とか言わないで!下記のとおり意外にあるから) そうすると年収が103万円を超えるので、扶養から外れ独立家計となる。その上で大学の授業料免除を申請する。ほぼ確実に半額か全額免除になる。

この場合なら、節約生活すれば国立大の学生なら普通に暮らせる
(もちろん月6万の奨学金を貰って、月4万バイトするのも選択肢)

じゃあどんな奨学金があるかというと!
大学院までいくと給付型の奨学金制度も結構ある。
例えば「リーディング大学院」という制度では給付で月15-20万円貰える。もちろん使途自由で、複数の制度があるから一つ落ちてもまた別のに応募出来うる。

これは結構受かりやすいので学生支援機構地獄から抜けたい人は是非応募を。

博士進学を考えてるなら学振の特別研究員は必須。
研究者養成のための制度で準備が大変だけど、
月20万円貰える上に年50-100万円くらいの研究資金も貰える。

あと、詳しくないけど民間財団などの奨学金について。
本庄奨学金などリッチな奨学金が意外にあるので片っ端から応募する価値はある。赤色の銀行の奨学金とか経団連の制度の人とちらほら会うので、一定数はいるんだろう。

あともはや記事の主旨と全く関係ないけど、留学したい人が絶対応募すべきなのは「トビタテ!留学Japan」という、文科省が作った留学用の給付型奨学金。しかも海外インターンでもOK。年に何度か募集のあるリッチかつ使い勝手の良い制度なので、応募するしかない。噂によると競争率はそこまで高くないとのこと。学部時にあったら自分も使ってた...。

結論を言えば、根本的な解決策はもはや世界同時一斉革命しかない、農民よ武器をとれ!
関連記事

Posted on 2017/05/01 Mon. 03:40 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://moguranikki.blog.fc2.com/tb.php/1063-dc5ad78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。