07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

「持続可能性」は政策アイデアになるのだろうか...? 

いろんな方から 「持続可能性」 のお話を伺うのですが、日本でも静かなブームなんでしょうか...?

環境分野で除々に発達してきたアイデアですが、
最近は社会保障や財政、格差、共生分野で持続可能性が言われるようになっています。
先進国は財政支出過多になりがちでリスクが高まる、そこで制度の持続可能性を!という流れ。

というのはご存知のとおりなのですが、個人的に驚いたのは、
自民党宏池会の岸田文雄さんも次の大きなアイデアとして示しておられるようです。
野党でも民進党の前原調査会で作られた国家像が、再分配重視で社会制度の持続性重視とのこと。

面白いのは、与野党どちらも大きな社会・政治アイデアとして捉えていること。
また与野党のリベラル側から提示され、再分配と社会協調を重視しています。
こうした大きなコンセプト提示と具体的な政策アイデア作りが進んでいるようです。

高度経済成長・冷戦崩壊後、これまでの日本社会の物語が一度崩れたと理解しています。
保守側はナショナリズムと経済成長をベースに国家像を示すことができましたが、
リベラル側からは有効な国家のストーリーが見えてきませんでした。

持続可能性というコンセプトを基に、リベラル側から大きな物語が提示されるのか、
日本社会にそれが根付くのか注目しています。

それにしても再分配重視となるといまいちワクワクしないですね。
社会保障・労働改革の一環で、第4次産業革命に移行するとか、もっと未来を感じたいです。

「持続可能性」と「再分配」よりも、持続的な社会成長にむけた制度の「移行」「再編」などどうでしょう。
スポンサーサイト
関連記事

Posted on 2017/08/23 Wed. 17:35 [edit]

category: 悩みと居場所

TB: 0    CM: 0

23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。